通訳なしでのコミュニケーションの重要性

ブログ

みなさん、こんにちは。元外資の管理職・現場で使えるビジネス英語コーチの鈴木イツローです。

英語が苦手な人にとって、通訳さんというのはとても頼りになる存在ですよね。

会議やプレゼンが英語で開催される場合、通訳さんがいると、内容を日本語で理解できるし、こちらの質問も全部うまく伝えてくれる。特に大きな国際会議や学会では、欠かせない存在だと思います。

しかし、ビジネスシーンでは、その通訳さんなしでコミュニケーションをとる方が良い場合が存在します。それは、相手からの「信用を勝ち得る必要がある」場合です。

今日はその中でも重要な、次の2つの相手について解説します。

1. 日本語を話せない外国人社長(上司)
2. 商談相手

1. 日本語の話せない外国人社長の場合

外国人の社長からすると、自分の直属の部下(部長級)には、英語でスムーズなコミュニケーションが取れる、信頼のおける人材をおきたいもの。

まず、業務面では、日々発生する問題や課題に対して、スピーディーに意志決定できることを重視しているからです。ちょっとしたことを相談するときはもちろんのこと、想定外のトラブルが起こったときに、対面や電話で速やかに話し合い、その場でアクションを決められる。そのように共に業務を回せる人が求められています。

また、信用面は、実は外国人社長にとって死活問題でもあります。誰も知らない異国の地で、業績を上げ、さらなるキャリアップを目指す社長にとって、「信用できる人=自分の味方」となり得る人を見極めることはとても重要。直接英語でコミュニケーションができないと、人となりや信用に足る人物かどうかはわからないのです。

だから、どんなに誠実で、仕事がきっちりできる人でも、英語で、直接コミュニケーションしないとダメなんです。最初から流暢にできなくてもよいので、積極的に英語でコミュニケーションして信用を勝ち得ない限り、重用されることはありません。

ちなみに、英語に苦手意識があり、英語を使う機会を避けようとしてしまう人は要注意。英語を話そうとしない=コミュニケーションをとる努力をしない人、と受け取られがちです。また、社長からすると自分を避けているようにも映るので、いっそう距離ができてしまうからです。

2. 商談相手

ビジネス=信用です。初めて商談する相手であれば、魅力的なビジネス条件よりも先に、あなたが共にビジネスをするに値する人物かが見られています。どんなに良い取引条件でも、長期的に付き合えそうにない人とは、やはり仕事はしたくないもの。

重要なのは、苦手意識があってもいいから、自分で英語を話すこと。社内の場合と同じで、直接英語でコミュニケーションしないと、人となりや信用に足る人物かどうかがわからないからです。

双方に誤解がないように、細かい部分に通訳さんが入るのはよくあることですが、その時も主役はあくまでもあなたです。

英語が上手でなくても、ペラペラでなくても、できるだけ自分で英語を話し、信用を勝ち取り、ビジネスチャンスをものにしていきましょう。その方が明るく楽しい未来が待っていますよ!!

もし、英語についてビジネス上の課題を抱えている方は、お気軽にご相談くださいね。

タイトルとURLをコピーしました