知らずに落ちている人続出!!英語プレゼン・間違った始め方!!

ブログ

みなさん、こんにちは。
元外資の管理職・現場の苦労がわかる
英語コーチの鈴木イツローです。

英語でプレゼンテーションをするとき

つい、

”I’m not good at English, but…”
(私は英語が得意でないのですが…)

って言っちゃってませんか?

実は、このフレーズこそ、
間違ったプレゼンの始め方です。

私も以前は、
決まってこのフレーズから
プレゼンを始めていました。

でもあるとき、

私のプレゼンを聞いた
アメリカ人同僚から、

「なんでわざわざ、

英語が得意じゃない、
なんていうわけ?」

と、

半ば呆れ気味に
言われました。

「ん????」

正直、

意味がわかりませんでした。

でも、理由を聞いて大納得!

心当たりがある方は、
ぜひ最後まで目を通してくださいね。

ビジネスで「英語が得意じゃない」と言わないほうがいい理由!

それは、

欧米人、特にアメリカ人は、

自らを卑下するかのような
発言をする人に対して、

「自信がない人」
という印象を持つからです。

つまり、プレゼン冒頭で、

「英語が得意でない」
と始めた私は、

アメリカ人同僚からは、
とても自信がなさそうに
見えたそうです。

言われてみれば当然で、

アメリカは、

「前向きでポジティブであること」
を美徳とする文化があります。

そんな文化の中で
育ってきた彼らからすると、

わざわざ人前で、

聞いてもいないのに、

自らを卑下するかのような
発言をする人の話を、

まともに聞く訳がありません。

漢字を1つや2つ書けるだけで、
「私は漢字マスターーー!」

と、明るく自信たっぷりに
話すような人たちです。

そんな彼らからすると、

英語の上手下手は
全く関係なく、

プレゼン内容が、
十分に準備された価値あるもの

と信じるのであれば、

そのような情熱・態度で話すのが当然、
と考えているのです。

英語でプレゼンをするときの3つのポイント!

内容に自信があるのなら、
今の英語力は気にせず、

・堂々と自信たっぷりに
・大きな声で
・身振り手振りも合わせて熱意を伝える

ぜひ、この3つを心がけてください。

多少、言葉が詰まっても、
ゆっくり話しても、

全く問題ありません。

「私のプレゼンを聞いてほしい!!」

そんなあなたの情熱が、
聞き手にしっかりと伝われば、

多少英語は拙くても、
アメリカ人にも聞いてもらえます。

プレゼンの質を更に上げるためのコツ!

それは、

ご自身のプレゼンについて、
フィードバックを
もらい続けることにつきます。

同僚や上司で、
プレゼンが上手な人がいたら、

頼んでみるのもいいでしょう。

でも、

そんな方が職場にいないとき、
同僚に知られたくないときは、

是非、私に相談してください。

私はこれまで、
外資系企業の管理職として、

数え切れないほどのプレゼンを
こなしてきました。

実際にクライアント様からは

・一緒にブラッシュアップした
プレゼンが通った
・社長から褒められた

など喜びの声を多く頂きます。

プレゼンは、
ビジネスの成否を握る鍵であり、

あなた自身のキャリアにも
大きな影響を影響を及ぼす
最重要スキルの一つ。

英語プレゼンで課題を抱えている方は、
お気軽にご相談くださいね。

タイトルとURLをコピーしました