鈴木、英語コーチやってるってよ。(桐島、部活やめるってよ風)

ブログ

みなさん、こんにちは。元外資系の管理職・「ビジネス英語コーチ」の鈴木イツローです。

本日は、私が比較的安定していた会社員を辞めてまで、英語コーチとして働くようになった理由をご紹介します。

30歳の私は、TOEIC300点台、「日本でサラリーマンするのに英語なんていらないぜ」というか、英語の必要性すら気にしていなかった、ごくごく普通のビジネスパーソンでした。

そんな私が今では普通に英語を使って、バリバリ仕事ができるようになったのです。

これを読んで、「私もきっとできる!」「できるようになりたい!」と、みなさんのやる気にスイッチが入ったら嬉しいです。

英語学習を始めたキッカケ

新卒で入社したのは日本企業で、配属は営業でした。そこから20代半にマーケティングに異動し、20代後半は仕事がどんどん面白くなってきました。そして、ビジネスマンとしてより大きな舞台で仕事がしたいと願った時、当時の上司に「英語ができないとこの先はない」と言われたことがきっかけで、私は英語習得を考え始めます。覚悟を決めて、英語学習を本格的に始めたのは、30歳のときでした。

当時のTOEICは300点台。英語なんて大学受験がピーク、ほとんど理解できなかったことを覚えています。

どうせ勉強するならと、海外MBA留学を目標にし、なんとか英語をものにし留学を実現させました。とはいえ、今振り返ればとても非効率な方法で、莫大な時間と労力、お金を投資しています。

自費留学でしたので、会社は退職。MBA留学準備と2年の留学期間、それに、会社に勤めていたら手にしていたであろう給与を合わせると、投資額は約3年間でウン千万円。中古マンションが買えちゃいます(笑)

その後、帰国してから勤務した外資系企業では、ネイティブや帰国子女の同僚たちの流暢な英語に気後れしながらも、毎日コツコツ学習を続けました。当時、妻がくれた誕生日プレゼントはUSB対応のICレコーダー。自分のプレゼンテーションを録音したり、通勤の往復で英語の音声教材を聞いたり愛用してました。

その甲斐あって、仕事でも成果を出し続け、最終的にはマーケティング部門の責任者として、忙しくも充実した日々を過ごせました。

英語コーチになった理由

そんな私が英語コーチになった転機は、部下や仕事で出会う優秀なビジネスパーソンに対する「英語さえできれば、もっともっと活躍できるのに」という歯痒い想いと、かつての私が重なったことでした。

「英語は苦手だから…」と、自分が希望している仕事なのに手を挙げなかったり、海外に出ていくことを躊躇したりするのは、本当にもったいない。

英語は何歳からでも、忙しくて時間がなかなか取れなくても、工夫次第でいくらでも伸ばす事ができます。多くの人は、その方法を知らないだけなのです。

皆さんには、私のような回り道をせずに、効率の良いやり方で、無駄なく最短で必要な英語をモノにしてもらいたい。そして、仕事はもちろん、人生も大いに謳歌してほしい!

そのように考え、人生後半は英語コーチとして、より大きな舞台で活躍したいと願う会社員や経営者の方を、全力で応援することにしました。

今は、日々、グングンと成長していくクライアントさん達を見ていることが、楽しくて仕方ありません。日々の学習をやり抜くと、英語の上達に加えて、自分への自信を手に入れ、人生が大きく好転していきます。

その様を一番近くで、リアルタイムに見る事ができるのは、本当にコーチ冥利に尽きます。

私がビジネスで培ってきたノウハウを活かして、ビジネスパーソンを応援できる仕事、「英語コーチになってよかった」と心の底から感じています。

<”英語コーチング・無料体験セッション”>
・時間:60~90分
・方法:Zoom
・セッション詳細:こちら
・お申し込み:こちら

タイトルとURLをコピーしました