忙しい人でも大丈夫。英語学習の時間はこうやって作ろう!

ブログ

みなさん、こんにちは。元外資系の管理職・「ビジネス英語コーチ」の鈴木イツローです。

ビジネスパーソンは、毎日なんだかんだで忙しいですよね。本当にお疲れ様です。

私も会社員時代は、時間があるだけ仕事してました。例えばプレゼン一つとっても、「これで来期の予算が決まる」と思うと手を抜けません。可能性を1%でもあげておきたいと、深夜まで準備してました。

「英語はちゃんとやりたいけど、本業が忙しくてなかなか時間が取れない」というジレンマを抱えている方が多いのではないでしょうか。

そんな忙しいあなたでも大丈夫!少しの工夫で学習時間を確保するとっておきの方法を解説します。

毎日やっている行動や習慣に、英語をくっつける

時間のない方にまず試して欲しいのがこの方法です。なぜなら、英語学習の時間を新たにとる必要がないので、とにかく始めやすいからです。

例えば、「朝食+英語ニュース」とか、「トイレ+単語アプリ」、「入浴+音読」といった具合です。

詳しくはこちらの記事で解説していますので、参考にしてください。

参考記事)英語学習を継続するコツ

すきま時間を見つけて、コンパクトに学習する

こちらも王道の方法です。

1日の中には、実は、何もしていない時間と言うのが結構あるものです。「いや、そんなことはない。いつも忙しい!」と瞬間的に思った方は、まずは、1日の行動記録をつけてみましょう。

朝起きてから寝るまで、いつ何をしたのか、15分単位で記録していくと、空白の時間が意外とあることがわかります。1つでも見つけたら、明日から英語学習に活用しましょう。

机に座らなくてもできる、隙間時間にオススメの学習をご紹介しますね。

・単語を覚える:15分あれば新しい単語を10個は覚えられます。ゲーム感覚で覚えられるアプリもあるので、それらを活用すると楽しいかもしれません。

・YouTubeで、TEDの英語プレゼンを観る:膨大な数のストックから、自分に興味のあるものを選んで観てみましょう。ほとんどのものにはスクリプト(英文)がついていますし、中には日本語訳があるものもあります。業務にも活かせる内容なら、一石二鳥ですね。

・動画サイトで映画やドラマを観る:主人公になりきって、気に入ったフレーズや言い回しを口に出してみるといいでしょう。リスニング力に加えて、スピーキング力もアップしますよ。

・英語ニュースを見る:スクリプト(英文)がついている「米ABCニュース」がオススメです。時事トピックを語れるようになれば、ビジネスパーソンとしてのレベルも上がります。

土日祝にまとめて学習する

平日にほとんど時間を取れない人は、土日祝にまとめて学習しましょう。

土日祝を合わせた日数は、一年で116日〜121日。つまり、3日に1日は土日祝なのです。これだけの時間を活用できるのは大きいです。

例えば、お休みの日に新しい単語を覚えてしまって、忙しい平日は、最低限の時間を使ってメンテナンスだけ行う、ということができれば理想です。

「平日は時間を取れないから」とあきらめる前に、土日祝を軸とした学習プランを組み立てて、学習をスタートさせましょう。

「家族サービスもしないと…」という家族がいる方の場合は、英語を学習して達成したい目標を家族にも話して、理解してもらいましょう。そして朝や夜にまとまった時間を確保してしまうのです。あなたが仕事で成功し、幸せになることは、家族の幸せにも直結しています。身近な人を味方につけて、応援してもらうことは、モチベーションの維持にもつながりますよ。

<”英語コーチング・無料体験セッション”>
・時間:60~90分
・方法:Zoom
・セッション詳細:こちら
・お申し込み:こちら

タイトルとURLをコピーしました