これでサクサク覚えられる!「英単語アプリmikan(ミカン)」を使い倒す方法!

ブログ

みなさん、こんにちは。元外資系の管理職・「ビジネス英語コーチ」の鈴木イツローです。

今回の記事では、私も愛用している英単語アプリ「mikan」をご紹介します。実は私もこのアプリのおかげで毎日単語をサクサク覚えられています笑。

数十種類ものアプリを試した結果、なぜ私がmikanを選んだのか、その効果的な使い方とともに解説していきます。

mikanの長所と短所

<長所>

1. メジャーな単語教材を網羅している:

現在*、教材は80種類以上。TOEIC、英検、大学受験、小・中学生用、日常会話、ビジネス会話、留学系(TOEFL、GRE、IELTS)と多岐に渡っています。インストールして、自分が使いたい教材が使えるかチェックしましょう。

2. 単語帳をめくるように「カードめくり」学習ができる:

単語カードを作って、単語を暗記したことがある人は多いと思います。mikanではそれを音声付きでできます。意味が複数あろうとなかろうと、覚える日本語訳はは最頻出のものを一つだけ。とてもシンプルです。英⇄日のどちらからでも可能です。

3.辞書機能つき

用法や例文などの詳細を確認できます。大人は理屈で覚えると記憶が残りやすいので、覚えの悪い単語はをその都度チェックしていきましょう。

4. カードめくりを自動再生してくれる

回答までの制限時間は1〜10秒で調整できますが、オススメは2秒。これ以上かかっていては実戦では使えないのでパッとでてくるまで、コツコツ繰り返します。

*似たような機能「リスニングモード」があります。音声を頼りに、4つの選択肢から正解を選びます。

5. My単語帳を作ることができる

これは本当に便利で、覚えにくい苦手な単語や熟語を登録できます。

<短所>

1. スペルを覚えたい人には不向き:

mikanには、スペル入力の機能はありません。スペルをしっかり覚えたい人は、他のアプリを使うか、スペル入力機能だけ他のアプリを併用しましょう。あなたの勉強の目的にもよりますが、スペル入力をすると一つの単語を覚えるのに時間をとられ過ぎてしまいます。ライティングが課されるテストを受験する場合でも、自分がよく使う単語や難しいものだけ、スペルチェックするのがおすすめです。

2. 無料で使える機能が限られている:

月額1,500円(現在*は特別価格1,000円)なので、迷わず有料版(プロ)にしましょう。あなたが25歳以下(600円)、18歳以下(480円)であれば、さらにお得に利用することができます。

ちなみに、有料版(プロ)でのみ使える機能は以下の通り。

・多くの教材
・my単語帳
・学習履歴のグラフ化
・日→英のテスト
・リスニングテスト
・暗記シート
・テスト時の「わからない」という選択肢

効率的にmikanで学習するたった2つの方法

1.毎日続ける

単語の暗記は毎日続けましょう。記憶を定着させるには、学習と学習の間に睡眠を入れることがよいと、脳科学で証明されているからです。

学習のペースとしてオススメなのは、「1日30分」といった時間よりも、「1日200単語」といった数をベースにすることです。数をベースにすることで、ちょっとした待ち時間でも気軽にサクサク進められます。

2. カードめくり学習で続ける

試験対策の方は、mikanのテストモード(4択)を選びたくなるかもしれませんが、それだと選択肢を読むことに意識をとられてしまい余計な情報も入るので、1対1で覚えることができる、「カードめくり」がおすすめです。

先ほどお伝えしたように制限時間を2秒に設定。英単語が表示されると同時に流れてくる音声に合わせて音読しながら、瞬時に意味を頭の中に浮かべます。制限時間内に回答できたら「知ってる」ボタンを押します。押さなければ、そのカードはまた後ろに回って、回答できるまで何度も出題されます。

いかがでしたでしょうか。語彙力は英語力の基本です。mikanを使って、今日からどんどん覚えていきましょう。「英単語 mikan」で検索してみてください。

*現在=この記事は2020年12月11日に書きました

<”英語コーチング・無料体験セッション”>
・時間:60~90分
・方法:Zoom
・セッション詳細:こちら
・お申し込み:こちら

タイトルとURLをコピーしました