英語が苦手でもすぐできる!英語会議で発言する3つの方法!

ブログ

みなさん、こんにちは。

元外資系の管理職【現場の苦労がよくわかる】英語コーチの鈴木イツローです。

 

英語が苦手な人が、外資系企業で苦労するのが、「英語の会議」。

「出席するのも嫌だから、発表したり、発言したりするのもできるだけ避けたい」なんて思っていませんか?

実は、日本の企業の会議と、外資系企業の会議では、出席者に求められることが全く違います。

日本企業で働いたことがある人はわかると思いますが、「関係者」の人数ばかりが多くて発言者の少ない会議、ありますよね?上司が「〇〇さん説明して」と言うまで発言できない雰囲気の会議です。

一方、外資系企業では、全員が「当事者」として会議に出席し、必要と思えば立場に関係なく発言をします。

特にアメリカ人との会議では、「より良い結論を導くために、発言して貢献すること」が求められるのです。

つまり、あなたが会議に参加して一度も発言せずに黙ったままだと、その場にいないのも同然。「なんで発言しないの?」と同僚達から不思議がられてしまいます。

気の利いた上司ならば、改善するよう指摘してくれるかもしれませんが、このままの状態が続くと、外国人だけでなく、日本人同僚からの信頼をも損ねてしまいます。

しかし現実には、「内容をあまり理解できないから…」「内容は理解できるけど、英語でうまく説明できないから…」という理由で、黙っているリスクをわかっていても、ほとんど発言できない人も多いのではないでしょうか。

今日は、そんなあなたのために、すぐにできる「英語会議で発言する3つの方法」を解説します。

英語の得意な日本人の同僚に、サポートしてもらう

事前に相談し、会議で横に座ってもらうことで、理解のできなかった箇所をその場で説明してもらったり、あなたが発言で詰まった時に、援護射撃をしたりしてもらいましょう。

ただ正直なところ、毎回お願いするのも、気が引けちゃいますよね?

そう思ってしまうあなたには、「同僚がサポートしてくれる会議では、必ず3回以上発言すること」をおすすめします。

通訳が横にいるのと同じ状態ですので、発言をためらう理由はありません。英語が流暢ではないあなたが、同僚の助けを借りてまで発言する姿は、参加者にあなたの存在を強く印象付けますし、あなたの熱意や貢献したいという想いも伝わります。

ビジネスへの貢献という共通の目的があればこそ、同僚も喜んでサポートしてくれるでしょうし、あなたの発言が的を得ていれば、注目も集まります。

会議以外の場面でも意見を求められ、英語を話す機会も増えてくるので、あなたの学習意欲も高まることでしょう。

会議の主催者と事前にネゴをする

会議の主催者から、当日の議論内容やゴールについて詳しく教えてもらい、事前準備をしっかりとするのです。

具体的には、あなたが会議に貢献できるポイントや、議論をさらに深める質問などを整理しておき、当日自信を持って話せるように練習しておきましょう。

さらに、あなたの専門性が活かせる内容であれば、主催者に交渉して、ちょっとしたプレゼンの時間をもらうのもおすすめです。

プレゼンチャートを使えば、話す内容をスライドで補うことができますし、台本を用意してプレゼンテーションモードで表示しておけば、英語の説明も落ち着いてできますね。

プレゼン内容に関するQ&Aについても、話題の提供者はあなたですので、準備の段階で想定されることに備えておき、自信を持って対応しましょう。

私も、クライアントとのセッションで会議の準備や、プレゼンテーションの練習をお手伝いすることがあります。管理職の経験を活かして、突っ込まれそうなポイントも強化しておくので、「自信を持って発表できた」「別の会議でも話してほしい、と言われた」など、ご好評いただいております。

「こんな発言(質問)をしてもいいのかな…」という日本人特有の考えを捨てる

多くの日本人は、質問のタイミングやクオリティを過剰に気にします。私もそうでした。

「こんな質問をしたら、理解してないの?と思われてしまうのではないか」とか、「議論を止めてしまい迷惑がかかるのではないか」とか、あれこれ考えてしまい、質問することをためらっていました。

でも、英語の会議では、そのような日本人のメンタルは捨ててしまいましょう!

先述の通り、全員が「当事者」。

それに、英語の会議だからといって、ピント外れの発言や、タイミングを逸していると感じる質問が出ないなんてことはありません。

違うのは、みんな全然気にしていないこと。バックグランドや理解度の異なる人たちが参加しているのだから、そのような質問がでるのも当然といった考えなのです。

「英語は苦手だから」なんて、気にしているのはあなただけ。

そう思ったら、次の英語会議で、どれか1つだけでも試してみてくださいね。

英語の地力アップについては、私でよければ、いつでも相談に乗ります。

タイトルとURLをコピーしました