ビジネスパーソン必見!三浦カズが現役を続けられる深いわけ

ブログ

みなさん、こんにちは。

元外資系の管理職【現場の苦労がよくわかる】英語コーチの鈴木イツローです。

先日、学生時代の友人と一緒に、横浜FCの試合を観戦してきました。

 

場所は、横浜のニッパツ・三ツ沢球技場。前から5列目、コロナ対策で観客もまばらなので、フィールドまでの距離が近く、臨場感が半端ない!小3から大学までサッカーしてたので、気分は青春時代。

試合前の練習風景を眺めているところへ、キング・カズこと、三浦和良選手が颯爽と登場。華麗なボールタッチは健在で、ついつい見とれてしまいました笑。

私もカズのように、カッコよく歳を重ねたい!

 

そんなカズは現在53歳。プロ選手としての寿命が30歳前後と言われているサッカー界で、どうしてこんなに長くキャリアを続けられるのか。

自ら監修したフォトブックで次のように明かしています。

”今でも自分は成長できると思っているし、いくつもの気づきがある。そういった毎日の発見によってプレーの幅は広がっているし、だからこそ楽しくて、まだまだスパイクを脱ぐ気になれない”

これ、めっちゃ深いですね。高校1年のときに単身ブラジルに渡って以来、そうやって、一日一日を積み重ねてきたからこそ、今があるんですね。

これをみて、バスケットボールの神様と言われたマイケル・ジョーダンも、同じような言葉を残していることを思い出しました。

Step by Step. I can’t see any other way of *accomplishing anything.”

どんなことでも、何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ、一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。これ以外に方法はない *accomplish: 成し遂げる

 

将来の夢、実現したい未来を手に入れるためには、まずは今日という日を大切にしなければ。

私もがんばろ!

私と一緒に頑張りたい方はこちら

タイトルとURLをコピーしました