片付けで部屋も人生も整う!大人気・”片付けパパ”こと、大村信夫さんの教え!

ブログ

みなさん、こんにちは。

元外資系の管理職【現場の苦労がよくわかる】英語コーチの鈴木イツローです。

先日、某大手家電メーカーに勤務しながら、”片付けパパ”としてパラレルキャリアを実践されている、大村信夫さんのセミナーに参加してきました。

セミナータイトルは「部屋もパソコンもスッキリする片付け習慣術」。

リアルとオンライン合わせて60名もの方が参加されていて大盛況。

お話は面白いし、学びも盛りだくさんで、あっという間の2時間でした。

年末を控え、これから大掃除に取り掛かる方も多いと思います。

今日は「シェア大歓迎です!」とおっしゃっていた大村さんから学んだ、片付けの最重要ポイントをご紹介します。

これさえ知っておけば、部屋も人生も、見違えるほど綺麗になるかも!?

片付けは素晴らしい!片付けで得られる3つの効果!

①時間的効果:

人が一生に、家の中で探しものにかけている時間を皆さんはご存知ですか?

答えはなんと、202日。

片付け上手になることで、探しものの時間を減らせば、英語学習など有意義なことに使えるようになります。

②経済的効果:

探しても見つからないので、結局同じものを買ってしまった。。。

そんな経験ないですか?

我が家には事務用品が大量にあります。

特にハサミはいくつあるのかわからないくらいです。

片付けをすると、そんな余計なものを買う必要がなくなります。

③精神的効果:

疲れて帰宅して、散らかった部屋を見るとどっと疲れが倍増しませんか?

掃除も行き届いてないから汚いし。

片付けをすると、部屋も心もスッキリ。精神衛生上、とても良い状態を保てます。

片付けとはなんぞや?3つの手順!

そんな良いことばかりの片付けですが、そもそも片付けとは何でしょうか?

実は、片付け=3つの手順、のことなのです。

①整理:

片付けが成功するかは、ここで8割決まります。

整理については、この後、詳しく解説します。

  

②収納:

”しまう”のではなく、”次に使うときのために、スタンバイする”という気持ちが大切。

言い換えると、”戻しやすく、出しやすい”状態にするということです。

  

③維持:

一旦片付けても、ものが増えてしまうと破綻します。

必要な量を決めたら、買った分だけ減らす。

その徹底したコントロールが、片付いた状態が長続きする秘訣です。

片付けで最重要。”整理”の秘訣とは?

①全部出す:

仮に、部屋を丸ごと片付けするなら、部屋にあるものを全て出してから仕分けスタートです。

細切れの部分をそれぞれ最適化するよりも、全体を最適化する方が、片付け効果は高まります。

  

②必要 or 不必要を、客観的基準をもとに仕分けする:

基準として何を採用するかは流派によって異なります。

「ときめく」vs「ときめかない」、というのも女性の一人暮らしにはいいかもしれません。

片付けパパ流では、仕事チックに過去1年で「使った」vs「使っていない」、という客観的な基準で判断します。

家族で取り組む場合には、後で揉めないように、全員で、事前にルールをしっかりと話し合っておきましょう。

    

ここまで読んでいただいた方にはお分かりの通り、片付けはセンスではなく理論です。

つまり、正しいやり方、考え方を身につければ、誰でも片付け上手になれるのです。

英語学習にも通じることがあるなと、とても共感した私です。

片付け上手になり、限られた時間を有効に使い、より豊かな人生を歩んでいきましょう。

片付けをして、時間ができたら英語学習をしたい方は、いつでもご相談にのりますよ。

タイトルとURLをコピーしました