「やる気」がでない時に、すべきたった一つのこと!

ブログ

みなさん、こんにちは。

元外資の管理職【現場の苦労がよくわかる】英語コーチの鈴木イツローです。

なんかやる気が出ないなー、そんな時ありますよね。

やらなくてはいけないことは、わかっているんだけど、気分が乗ってこない。。。

そんな時、多くの人がやってしまいがちなのが、やる気がでるまで「待つ」というもの。

しかし、実際のところ、やる気はなかなか出てこず、時間だけすぎ、焦り、そしてギリギリの状態になってやっと取り掛かる、そんな経験ありませんか?

実は、「やる気」は、始めてしまえば、ものの1分で湧いてくるものなのです。だから、まず行動してしまうことが大切。

このことは、英語学習にも当てはまります。

特に、学習時間が限られている多忙な社会人は、「やる気」がでない、と嘆くのではなく、「とにかく、まず始める」習慣を身に付けて、限られた時間を最大限に活用しましょう。

今日は、そのための2つの工夫を紹介します。

日常シーンと、学習内容をあらかじめ決めておく!

例えば、次のように、日常シーンと学習内容をセットにしておきます

・朝食を摂る際は、NHKニュースを英語で見る

・自宅のトイレでは、TOEICの単語集を暗記する

・電車で移動するときは、TOEICの過去問をシャドーイングする

・仕事終わりに、英語日記を3行書く

このように、あらかじめ決めておくと、その場になって何をするか迷わず、すぐに行動することができます。

最初のうちは、忘れないように強く意識する必要がありますが、毎日継続していれば、次第に、やらないことが気持ち悪くなってきます。

そうなれば習慣化したも同然です。

区切りの悪いところで学習を中断しておく!

例えば、

・単語帳のセクションを、1ページ残した時点で終了

・リーディングの設問を1つ解かずに終了

・シャドーイングを残りの2文残して終了

この状態、なんか気持ち悪いですよね。

だからこそ、次に学習する際に、迷わず”残り”の部分から取り組めるのです。

これも「とにかく、まず始める」技の一つ、ぜひ試してみてくださいね。

本日は、やる気ができない時の対処法についてご紹介しました。

人生も時間も有限。貴重な時間を最大限に活用しましょう。

———————————————————————————————-

忙しくても英語を上達したい社会人の方、必見!
【オーダーメイド】x【マンツーマン】で、忙しい人ほど英語は伸びる!
英語コーチングの詳細はこちらから

タイトルとURLをコピーしました