英語は、明確な目標や目的がなくても身につく!

ブログ

みなさん、こんにちは。

元外資の管理職【現場の苦労がよくわかる】英語コーチの鈴木イツローです。

英語学習に悩んでいる友人から相談を受けました。

「英語をものにするためには、はっきりした目標や目的が必要と言われるけど、私にはそれがないんですよねー。海外旅行に行った時などに話せたらいいな〜とフワッと思っている感じです。こんなペースでのんびり勉強しているけど、こんなんじゃ駄目ですかね?」

確かに、日常で英語を使わなければ、目標や目的もはっきりしませんよね。こういう方は意外と多いです。

実は、今すぐ英語をどうにかしたいとか、英語を使ってこうなりたい!こうしたい!という明確な目標を持っている学習者はかなりの少数派。

大多数の方は、なんとなく英語学習を続けているか、学習を始めるきっかけを待っているかのどちらか。それぞれのパターン別に、なぜ英語が身につくのかを解説します。

なんとなく英語学習を続けている方

今はまだ明確な目標・目的がなくても、「なんとなく」続けていた英語がいきてくる日が必ずきます。

そして、仕事や資格、旅行やボランティア、友人作りなど、明確な目標が見つかったとき、あなたの英語力は飛躍的に上達します。

なぜなら、英語上達に不可欠な「学習の継続」を、あなたはすでにできているから。

あとは、見つかった目標に応じて、学習プランを修正するだけ。そうなった時は専門家に相談してみることをおすすめします。

最適な学習戦略や、目標の更なる明確化などについてのサポートが受けられますよ。

学習を始めるきっかけを探している方

日本では英語が話せなくても生きていけますが、英語が話せれば選択肢も増えて、人生がより豊かになります。

毎日忙しい中で、学習時間を捻出するのは大変ですが、ビジネスパーソンであれば、海外赴任に挑戦したり、給与水準の高い外資系に転職するなど、チャレンジングな目標を持って、学習をはじめてみるのも良いかもしれません。

私の場合は、国内営業部門からマーケティング部門に異動したことがきっかけ。マーケティングというフィールドで、グローバルに活躍したいと願い、英語学習をはじめたのです。

この年末年始は、5年後10年後といった長期スパンで、自分の働き方や家族との過ごし方を考えてみませんか。その時に、英語は必要か?という視点もお忘れなく。

———————————————————————————————-

忙しくても英語をものにしたい社会人の方、必見!
【オーダーメイド】x【マンツーマン】で忙しい人ほど英語は伸びる!
英語コーチングの詳細はこちらから

タイトルとURLをコピーしました