【例文付き】英語で意見を言うときに強弱つけて使える3つの動詞

前回、『英語での会議には”発言をする心構え”で出席しよう』というタイトルで、英語での会議の心構えと、自分の意見を持つ練習方法をお伝えしました。

今回は、英語での会議や診療時に、自分の意見を伝えるときに役立つ動詞を3つをご紹介します。

「XXXXだと思います(考えます)」と英語で話すとき、「I think〜」ばかりを使っていないでしょうか。

これは間違いではありませんが、主張の強弱によって、まずは3つの表現を使い分けることで、よりスムーズなコミュニケーションができるようになります。

今回ご紹介する表現は、どれも中学や高校の英語で習う単語なので、強弱とニュアンスの違いを覚えて使い分けてみてくださいね。

Contents

英語で意見を言うときの3つの強弱表現と使い分け方

自分の意見を伝えるときに使う英語の表現は、強いものから順番に下記の3つです。

  • believe
  • think
  • suppose

日本人が最もよく使う「think」は、主張の強さでいうと真ん中。だから、「think」だけで通すのも、無難な戦略としてはアリです。

3つの違いをひとつひとつ、説明します。

強め:I believe 〜(〜と信じている)

「believe」は個人の信念や強い確信を表現するときに使います。自分の考えにかなり自信があるときに使いましょう。

【例文】

I believe that the best course of treatment for this patient is surgery.

(この患者の治療方針としては、手術が最善だと私は考えます。)

I believe this new medication will be more effective for your condition.

(この新しい薬があなたの状態により効果的だと思います。)

中くらい:I think〜(〜だと思う)

最も一般的に使われる動詞です。強くもなく、弱くもなくという真ん中の表現です。「~だと思う」と言いたいときの定番表現として使ってください。

【例文】

I think the patient should be monitored closely.

(その患者は注意深く観察する必要があると思います。)

I think it’s likely just a common cold, but let’s keep an eye on your symptoms.

(恐らくただの風邪だと思いますが、症状には注意しましょう。)

弱め:I suppose〜(たぶん〜だと思う)

意見や提案をより柔らかく、仮定的に伝えたいときに使う表現です。少し控えめのトーンで表現したり、提案したりするときに使いましょう。

【例文】

If the symptoms persist, I suppose we might need to consider alternative treatments.

(症状が続くなら、別の治療法を考慮する必要があるかもしれませんね。)

Given your progress, I suppose we can reduce the frequency of your visits to the hospital.

(あなたの回復具合からすれば、通院回数を減らしても大丈夫でしょう。)

意見を述べるときの型

意見を述べるときには、型があります。

『英語での会議には”発言をする心構え”で出席しよう』でもお伝えした【結論→理由→結論の順に伝える】というものです。

具体的には、下記のような流れです。

【結論】

私は〜だと思います。

*主張の強さに応じて、believe、think、supposeの使い分けを忘れずに

【理由】

その理由は◯つあります。

1つ目は、XXXXXXXX。

そしてもう1つは、XXXXXXXXです。

【結論】

だから、〜なのです。


結論を先に伝えて、テーマに対するあなたのポジションを明確にしてから、その理由を述べましょう。そして、最後に念押しとしてもう一度、結論を伝えます。

職場で上司に報告をするときの手順と同じですね。まずはこの型で話せるよう、日本語で考えて、それから英語に訳しましょう。

日本語で考えていないことは、英語で話せませんので、最初は日本語で構いません。よかったら、下記のコラムも参考にしてください。

『言いたいことを英語で言えるようになるには』

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、代表的な3つ(believe、think、suppose)をご紹介しました。

英語には、その他にも下記のような表現方法があります。会議で発言する人がどの表現を使っているのか、聞き分けてみてください。

  • I’m convinced 〜(私は〜を確信している):強め
  • In my opinion 〜(私の考えでは):中くらい
  • In my experience 〜(私の経験上)弱め

英語での会議で”発言をする心構え”と、会議での発言方法を2回に分けて解説しました。あとは、実践あるのみです!

とはいえ、ひとりで取り組むのは大変という方は、ゴール設定から学習メニューの組み立て、ゴール達成まで伴走する英語コーチングをご検討ください。

弊社では、1日30分の学習からスタートし、6ヶ月で必要とする英語でのコミュニケーションを実現するプログラムを提供しています。

お一人おひとりの状況を伺って、専用のメニューを組み、マンツーマンでサポートするため、学習習慣の定着をはかりながら、無理なく取り組め、効率よく習得いただけます。

気になる方は、ぜひ下記より無料カウンセリングをお申し込みください。

医師のための英語コーチング申込バナー